2010年 12月 30日 ( 1 )

夢がふくらむ

昨日、父と一緒に物置小屋に行き、いろいろ改装の構想を話しました。
ひとつだけあった和室には、木製の窓や雨戸があるのですが、古ぼけているだけで、まだまだ使用に耐えるものだとわかり、古いものにこの頃、魅力を感じている私としては、生かして欲しいと考え、父に補修を提案。
妹の夫は、建具職人なので、義弟に修理してもらうことにしました。
それにしても、木と言うのはすごいですね。特に国産の材木は。
磨くだけで、元通りになるのです。
柱も壁も元のように復元するつもりです。
土壁を使っているので、壁はそのまま漆喰に。
南側の廊下になっている部分だけをサッシにします。
商店をやっているので、昔使ったディスプレー用の棚も見つかり、ちゃぶ台、文机、これも、補修してもらう事になりました。
父もいろいろ考えてくれて、二人で楽しく計画。
こんなに手を入れたら、母屋に住むのが嫌になるかも(笑)
[PR]

by mychan214 | 2010-12-30 09:15