ガソリン

どこのスタンドで給油できるかとか、情報が錯綜しています。
市のHP以外でも、やっているところがあったり、開くと言っていても、昨日の余震で入荷出来なくて売れなくなったり・・・
明け方から並んでいるので、だめだったときの落胆は大きいと思います。
ただ、見通しがまったくなかったときよりは、改善してきているので、私は、もう少し我慢しようと思ってます。
なぜ、こんなにガソリンを渇望しているかというと、いわきは、なにせ広い市なのでどこへ行くにも、車が必需品なのです。
しかも、避難所に居る人よりは自宅で待機している人が多いので、もし、物資をもらいたければ、取りに行かなければなりません。
スーパーも歩いて行ける距離のところが開いているとは限らないし、あとは不安感でしょうね。
いつ、手に入るか、避難を言われたらどうしたらいいのかと・・・
高速道路がいわきまで、通じたようです。
だんだん、流通が戻ってくれば、落ち着くかな。
ただ、こうやって気を張って生活しているので、地震の被害に目が行かないでいるのも事実。
まだまだ、これから試練が待っています・・・
[PR]

by mychan214 | 2011-03-20 18:52

みなさま、ありがとうございました

今日になって、だいぶ給油が出来るようになってきました。
NHKでも、避難退避になっていない「いわき」の現状を取り上げてもらい、わかってもらえたかなと安心しました。
いわきはかなり広いので、行政だけでは、とても判断が難しいのです。
30万市民が、一度に被災したわけですから・・・
水道の復旧作業も、業者さんたちにも手伝ってもらって、総動員していても、まだ、ほとんど復旧できていないようです。
小さい子供さんがいる世帯、お年寄りだけの世帯は、水汲みが一番大変だと思います。
幸い、自分の地域は早いうちに復旧しましたので、ありがたいことだと思っています。
食べモノに関しては、マクロを勉強していたおかげで、あせることなく暮らせます。
米、味噌、しょうゆ、塩は豊富にありますから、安心。
あとは、タンパク質。とりあえず、車麩や板麩、だいずたんぱくの買い置きがあるので、それで過ごせそうです。
とにかく、水。
このきれいな水が豊富な日本を大事にしなければと、ひしひしと感じました。
[PR]

by mychan214 | 2011-03-19 23:49

さすがに

保育所の再開は無理だったようです。
卒園式にあたる満了式が中止になりました。
まだ、屋内退避で過ごしている家庭が多い中で、すでに避難をしている家庭もあります。
私たちは、最後まで避難しませんが、小さい子供さんがいれば心配が増幅するのはあたりまえだと思います。
今日も職場に行きましたが、明日も勤務です。
[PR]

by mychan214 | 2011-03-18 19:18

節電しなきゃと思いつつ・・・

昨夜こそ、寝なきゃいけないと思いベッドに入ったのに、余震で飛び起きた。
夜中でも気になって、報道ばかり見てしまう。ネットも。
夫は見たくないみたいだけど・・・
今朝、ある方のブログにたどりついたら、高速道やGSの情報が出ていた。
息子に連絡したら、あまり関心なさそう。
母親は子供を助けたくて、その時だけはちょっぴり冷静さを失う・・・
自分の腹は決まってるのにね。
明日から2日間は職場で待機。
こんな事態で、子供を預ける親がいるのだろうか・・・??
当然、食材は手に入らないので、給食は在庫の食品を使って作るつもり。
ちなみに、来週火曜日からの話です・・・
[PR]

by mychan214 | 2011-03-17 12:22

必死

夫の車は、防波堤の近くの駐車場に停めてあったために、浸水しました。家は大丈夫です。ガソリンを満タンにしてあったのです。みんな燃料や水を求めて必死なので、誰かに気づかれ取られてもしょうがないと思い、今日、なんとか手伝ってもらい抜くことが出来ました。(夫と友人が)半分をその方に分け、私の車に無事給油出来ました。
浸水した車の保障はしてもらえないようで、廃車です。
でも、車なんて営業車も持っていたので、なんともないですよね。
公務員の私は、最後まで避難できないので、家族だけでも先に行かせたい気持ちがあります。
水道と電気があるので、生活はそれほど困らない、まだ、余力が十分あるのですが、原発の影響を考えるといつまでここにいるべきか、、迷います。
まだ、50キロ以上離れているので、大丈夫なはずですが・・・
風評の怖さを感じています。
特に放射能は見えないので、怖いのです。
家屋や家族を無くした方たちのことをおもえば、まだまだ、良いほうなので弱いなと思いつつ・・・
気持ちを平静に保とうと、どこかで無理をしていたようで、さっき、you tubeのスキマスィッチの「奏で」を聞いていたら、ぽろぽろ涙が出てしまいました。
なんの涙か、自分でもわかりません。
でも、涙が出たのです。そのあと、やっと、心が落ち着いたような気がします。
負けて泣くのではなく、これから立ち向かっていくために洗い流すのだなあと思いました。
これから、また、がんばろう。
[PR]

by mychan214 | 2011-03-16 14:31

水が戻った!

おかげさまで、電気と水道は今のところ復旧しました。ただ、ガスはLPガスがいつ供給できるかわからないので、今のボンベの分だけなんです。お風呂もガスなので、考えて使わなきゃと思ってます。(お風呂なんて入らなくても死なないし)マクロのおかげで、体臭も少ないし。
ただ、原発の事故があって、50キロ離れているとはいえ、怖いです。風評メールも来ます。
政府の発表を「うそ」と言ってる人もいます。でも、自分に知識がなければ、どんなことだって正しいって断言できないんですから、信じるしかないですよね。
職場は女性ばかりだから「死ぬ時は家族一緒ならいい。怖くないよね」と腹をくくってます。
今回、自分は他の震災が起きた時、その当事者の方々の気持ちは、やはりわかってなかったと痛感しました。
そして、励ましの言葉や救援の方々の存在が、どんなにありがたく心強いかも。
まだ、余震があるたびに驚いてしまいますが、(夜もゆっくり寝られない)平常心を早く取り戻したいです・・・
[PR]

by mychan214 | 2011-03-14 18:17

まさかという気持ちです

何日か前に、2回ほど津波注意報が出て、何事もなく終わり。これを繰り返したんですよ。
だから、今回も、津波があれほど大きな被害をもたらすとは想像してませんでした。
同じ市でも、場所によって被害は違いますが、うちの夫の店は床下ぐらいの浸水で済みました。
自宅は離れたところのマンションなので、物が少し壊れたくらいで以前と変わりませんが、断水とガソリンが買えないのが困っています。飲み水はなんとか確保しましたが、洗うということができません。お風呂に水があるので、トイレは少しの間大丈夫。食べ物も、もともと、ごはんと塩気があれば大丈夫なので平気。
父が道路のくぼみに気づかず、車で乗り上げて腰を痛めたのですが、他の地域のことを思うと、たいしたことではないです。
夫は消防団の仕事でいまだ寝ることも出来ず、今朝、水を持ってきてくれましたが、たぶん、家にはなかなか帰ってこないでしょう。自分が心細いというより、夫の体も心配です。
明日は仕事に行くのですが、給食はたぶん作れないのに、どうやって子供たちを預かるのか・・・
当然、トイレもだめですから。混乱が大きくて、上からの指示がまだ何も来ていません。
車を必要以上に使えないので、家でじっとしています。
私1人ですから、なんとかなります。
[PR]

by mychan214 | 2011-03-13 11:59

津浪注意報

昨日もだったんですけど、今朝、東北地方で地震があり、津浪注意報が発令されました。
うちの夫は消防団に入っているのですが、沿岸のポンプ場の管理もしているので、こうなると出動しなければなりません。
注意報が解除されるまで、帰宅できないので、大変です。
自営業だから、なんとかなってますけど、会社員だったら、対応してもらえるのかなあ。
地震があったとき、私は顔を洗っていたので、全然、揺れがわかりませんでした(笑)
[PR]

by mychan214 | 2011-03-10 06:57

花粉症

毎年、この季節になると同じようなセリフを言っている。
「花粉がねえ。やんなっちゃうねえ」
ただ、今年は多いと言われていて、確かに去年よりつらい。
でも、食も乱れてきてるから、そのせいか?とも思ったり・・・
今日は、天気がよさそうだから、また、同じセリフを口走りそう・・・(笑)
[PR]

by mychan214 | 2011-03-09 07:19

今日はがんばったぞ~

職場のおひなまつりでした。
子供たちが喜んでくれますように・・と二人で一生懸命作りましたよ~。
ピンクのハートと緑のくまさんの形のお寿司。
それから、鶏の竜田揚げ、花野菜のマヨネーズグラタン、すまし汁。果物。プリン。
見た眼が鮮やか。
子供たちが大喜びしてくれたので、疲れが飛びました。
ただ、帰りになるに連れて、肩が苦しくなってきた~。
ああ・・・気持ちは大満足だけど、体が言うことを聞きません~(涙)
[PR]

by mychan214 | 2011-03-03 18:16